2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年
2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

2014年8月11日  上野町宮環側道交差点現地調査

8月11日、上野町・県営上野住宅の南交差点は、交通事故多発エリア。との住民の声を受け、地元市議と現地調査。
交通事故多発ポイントの交差点は、宇都宮環状線の外側・御幸が原小学校入口の東の側道と県営上野住宅から南に下ったところ。
現地は、視界を遮るものは無く視界は良い。一時停止や速度規制、交差点注意など交通事故防止対策は一通り講じられている。
[現状]
①東進方向の一時停止、『停止線』『止まれ』の道路表示が消えかけている。
②北進方向、『停止指導線』『交差点注意』の道路表示が消えている。
③東進方向、『交差点注意』の道路表示が消えている。
④交差点北の速度規制『30』の道路表示が消えかけている。
⑤交差点内のガードが破損している。
[対策案]
概ね道路表示の老朽化が目立つ。①『停止線』『停止指導線』『止まれ』『交差点注意』『30』の道路表示のリニューアル。
②ガードの補修。
以上、宇都宮市及び警察本部と、対策を検討したい。

コメントは受け付けていません。