2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年
2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

2014年9月19日  指定廃棄物最終処分場詳細調査候補地視察

9月19日、県内の指定廃棄物最終処分場詳細調査候補地を視察。
調査には、輿水衆議院議員、県議3名が入り、国からは環境省の職員等が説明に立ち会った。

①鬼怒水道事務所にて、指定廃棄物の仮保管状況を視察。
平成23年当時は、浄水場の汚泥は1万ベクレル超の放射性物質を計測。現在は、100ベクレル程度と安定している。
保管は、厳重に何重にもシート養生され、強風にも飛ばされないよう、シートはコンクリート擁壁に鉄板でボルト固定されている。

②環境省のスタッフに、現地にて説明聴取。
詳細調査候補地は、山中でも比較的平坦地を選定されているが、近くの沢や地下水脈等の影響を考慮すると地下のボウリングや漂流水の状況、地盤等の詳細な調査が必要。
国には、地域住民への丁寧な説明を通し、理解と協力を得るよう要請。

県内には、170ヶ所で1万4千トンの指定廃棄物が仮保管されている。
毎年、本県内で発生する自然災害では、常に仮置きされている指定廃棄物が飛散しないか心配は絶えない。
県内の安心安全の為にも、国に対しては、指定廃棄物の早期解決を引き続き要請して参ります。

コメントは受け付けていません。