2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年
2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

2015年11月18日  会派県外調査⑤

11月18日、青森市森林博物館にて、青森県の林業の歴史及び森林、生活と木材について視察調査。
1.博物館の淵源
昭和53年の青森市制施行80周年記念事業の一環として、青森営林局庁舎が新築されるのを機会に、旧庁舎を転用して「森林博物館」の設置が計画された。昭和54年から展示企画等の準備に着手し、昭和57年11月にオープン。

2.青森市森林博物館の概要
この青森営林局庁舎は、明治41年11月に建設されて以来106年、多くの人に親しまれ風雪に耐えた由緒ある建物。
博物館は、旧営林局庁舎の本館部分を修復保存し、自然・森林と生活の関わりや、緑化、林業知識の普及向上、そして児童・生徒の教育活動、一般市民の教養・文化の発展の支えとなるよう展示等を工夫。
本博物館は、全国初の“森と木を考える”本格的な博物館。

3.博物館展示内容
①森と仲間たち
②木と暮らし
③雪とスキー
④青森とヒバ
⑤昔の生活と遊び
⑥森を育てる
⑦屋外展示~森林鉄道

博物館は、青森市から指定管理者制度で、県森林組合連合会に委託されているが、館長はじめ担当者が熱心で、様々な工夫を凝らしている。
来館者増加を明確な目標として、アピール性の高い企画をしている。

森林県「青森」にふさわしい取組みで、大変勉強になりました。

コメントは受け付けていません。