2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年
2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

2016年10月14日  石井団地自治会の課題調査

10月14日、石井団地自治会の皆様から、自治会活動を支える施設の維持に関して、行政の応援を要請する声があり現地を調査。
【経緯】
石井団地自治会は、約30数年前に開発された分譲地に約300戸の家が立ち並ぶ地域。
当時、開発要件の公園は確保したが、分譲完了後の自治会活動については全く配慮されておらず、当初から自治会の集会所や災害時等の備品収納倉庫などの問題があった。
【現状】
集会所:5年前に県住宅課の許可を取付け、隣の県営平松住宅内の集会所を共用。
倉庫:宇都宮市石井団地児童公園内中央に、26m2と10m2の物置を設置。〜27年度迄は宇都宮市の許可があり、今回更新に当たって規模縮小か移設を命じられている。
※問題は、宇都宮市の公園管理規定で、公園内の建築物は10m2以下の面積制限があり、現在の物置は違反している点。
【対応】
①物置の規模を10m2以下に改修する
②物置を公園外に移設する
→現在の物置は、しっかりしたプレハブだが、半解体でのリフォームは困難。
→公園外に移設するには、隣の県営平松住宅の敷地内しか無い。
【対策案】
①宇都宮市・・公園管理規定の例外として取り扱えないか?〜現在の設置場所から南端(目立たない場所)移設で認可できないか?
②栃木県・・・石井団地自治会の地域活動を支援する意味で、平松住宅敷地内の空きスペースを物置の移設場所として協力できないか?

以上、宇都宮市及び、県住宅課と対応を協議したい。

コメントは受け付けていません。