最新の政務活動報告へ

■2017年 政務活動報告
2017年1月21日  上三川町・鬼怒川堤防の管理調査

1月21日、鬼怒川河川敷の農地利用について、搬入路の堤防に繁茂する雑竹が障害になっている。との地元住民の皆様の要望を受け、現地にて実態を調査。
[現状]
上三川町東蓼沼字川原の農地には、鬼怒川の堤防があり、各々農地への降り口がある。高い方の堤防は常に管理されているが、低い方は管理不足。
雑竹等が点在し、農作業を阻害している。
所有者は69才で、現在は農地に入る事が出来ず荒地にしているが、周囲の農家に迷惑をかけているとの罪悪感があると言う。
若ければ自分で刈って、農作業に出られるのだが・・・と、肩を落としている。

[対応]
鬼怒川河川敷堤防の直接の管理者は国土交通省だが、地方創生の要の農業・農地に関わる事から、県農政部及び県土整備部河川課と連携し対処します。
耕作放棄地是正による農地利活用促進、地域振興、ひいては高齢者就農維持に資する取組に、全力で取り組んで参ります。








2017年1月21日  北若松原1 丁目の道路計画実態調査

1月21日、地権者からの要望で、総合スポーツゾーン構想にともなう北若松原一丁目周辺の道路整備計画の実情を調査。
[場所]
宇都宮市北若松原一丁目の貸店舗前の道路計画
[現状]
総合スポーツゾーン構想に伴い、周辺の道路等整備計画の一環で、車道及び歩道の拡幅、安全対策を実施。
本案件は、縁石設置と歩道の車止めの施工が、貸店舗の駐車場スペースに支障がある内容。
道路整備計画に対し、地権者への説明の中で、貸店舗所有者が漏れたらしい。
道路整備は完了しており、現状で貸店舗の駐車場スペース(3台分)は、2台(3割効率低下)となってしまった。
[対策案]
※駐車場スペース確保のため、縁石及び車止めポールの位置を変更!

総合スポーツゾーン整備室及び、県道整備部(道路整備課)の担当者と対策を協議します。




2017年1月9日  鹿沼市板荷の河川改修工事完了

1月9日、毎年のように起こる豪雨災害で長畑川が氾濫し、床上・床下浸水など被災された住民の皆様の要望を受け、その都度「川浚い」や「土砂の撤去」など対処してきました。
今回は、長畑川の堤防「かさ上げ工事」
が完了。
[工事内容]
かさ上げ高:50cm
かさ上げ幅:約100m
※周辺の皆様から、安心して暮らせるとの声を頂きました。







2017年1月9日  鹿沼市板荷の河川改修工事完了

1月9日、毎回の豪雨災害で氾濫する長畑川、かさ上げ工事及び川ざらいが完了。
近隣の住民の皆様から、安心して暮らせるとの声を頂きました。