2017年  2016年  2015年  2014年  2013年  2012年
2011年  2010年

2018年6月21日  上三川小通学路の安全調整

6月21日、
[現場と地元住民ヒヤリング]
上三川町役場前の通り・県道35号を西に国道4号バイパスを横断すると、上蒲生地域の児童が上三川小学校に通う通学路の交差点がある。
平成30年6月、登校時に交通事故発生。

[交通事故概要]
東進(4号バイパスに向かう)車両の渋滞の中、横断歩道を渡っている時、西進車両に跳ねられた。

[上三川町の対応]
即座に、注意喚起看板を設置〜『注意  学童横断』『スピード出すな』

[現状と課題]
地元では、看板での注意喚起の効果には疑問を持っているが、町としての対応は限界。
安全対策上の課題
①横断歩道の安全性向上
②横断歩道脇の側溝マス
③用水路の立入制限が不十分
危険は、横断歩道だけでなく、周辺の環境にもある。

[対策案]
①歩行者用押しボタン式信号機の設置
②側溝のマスにフタ設置
③用水路の立入制限の為のガードレール設置

以上、子どもたちの安全を確保するため、県土整備部と協議し、何らかの対策を講じたいと思います。

上三川町上蒲生の幹線道路を横断する通学路

横断歩道脇の側溝マス

フタがなく増水時には大変危険

用水路の安全対策(上三川町対応)

子供たちが入らないようにしている

2018年6月21日  上三川町 明治南小通学路の安全対策完了

6月21日、真岡石橋バイパスの明治南小学校通学路の安全対策が完了。

地元から安全対策を要望され、2016年2月に現地調査。
ガードレール設置がベストな対策だが、歩道が狭く設置が困難。
県土整備部道路保全課と対策を協議し、歩道拡幅整備の後ガードレール設置の方針を決定。
二年がかりで歩道の整備(拡幅)をし、この度、車道と歩道の間にガードレール設置が完了しました。
地元自治会や小学校、PTAから、喜びの声を頂きました。

真岡石橋バイパス  明治南小通学路

交通量が多いバイパスだが安全対策が不備

歩道整備完了


通学路全体にガードレール設置完了

安全が確保された

2018年6月11日  上三川町役場前交差点の現地調査

6月11日、県道35号の上三川町役場前交差点の現地調査を行いました。
[ヒヤリング]
雨が降ると、交差点内に雨水が溜まり、通学時の児童や生徒が危ない。

[現状]
小雨でも、横断歩道に水溜りが多く発生している。
大雨の際は水はけが悪いため、横断が困難と推測できる。

[対策案]
①交差点の改良
②雨水勾配の改良
③横断歩道の改良

県土整備部の責任者と協議し、いずれかの対応で通行者の安全を確保したい!

県道35号上三川町役場前交差点

水溜り

水溜り

水溜り

水溜り

2018年6月11日  上三川町しらさぎ 平和通り現地調査

6月11日、上三川町しらさぎ『平和通り』の危険度を現地調査。
[ヒヤリング]
特に、朝夕の通勤時間帯は、平和通りの二ヶ所の交差点が危険。
1.日産工場東から南下する交差点
2.しらさぎ公園交差点

[現状]
いづれの交差点も、
①平和通りが優先道路
②交差する道路には一時停止の規制あり

しかし、
③平和通りは東の端は狭く、優先道路には見えない
④しらさぎ公園交差点は平和通りに出る際、視界が悪い

[対策案]
1.日産工場東から南下する平和通り交差点
①狭い東側道路を一時停止規制
②日産工場東から南下する道路を優先にする
③その上で、信号機設置

2.しらさぎ公園交差点
①信号機設置

詳細な現地調査を行い、対策を検討するよう県警察に要請します。


1.日産工場東から来る平和通り交差点

平和通り   右手が日産工場東からの通り

2.平和通り・しらさぎ公園交差点

左手が見ずらい

2018年6月7日  栃木県警察本部に要望書提出

6月7日、日光市瀬尾自治会、大谷向自治会、材木町自治会、サンヒルズ瀬尾自治会の4自治会長と共に、1.236名の住民署名を添えて『国道121号線の安全対策』要望書を提出しました。

これは、昨年(平成29年)9月21日の交通死亡事故を受け、横断中の歩行者や自転車の安全確保のため、横断歩道と押しボタン式信号機の設置を要望するもの。

栃木県警察本部の黒嶋交通規制課次長は、住民の声を受け、最善の対策を協議し地域の皆様の安全安心の確保に努めると、コメントしました。