2017年  2016年  2015年  2014年  2013年  2012年
2011年  2010年

2018年12月1日  板戸町・清原北小通学路の安全対策完了

12月1日、板戸町の清原北小学校通学路の安全対策が完了。

[対策前]
通学路交差点の道路表示「止まれ」が①②③のように劣化し、交通事故のリスクが高いと地元自治会がらの声。自治会長と、現場を確認し調査。

①水道事業所南交差点

②更に南の交差点・止まれ表示が劣化

③清原北小学校の北交差点

[対策後]
県警と協議後、通学路の安全対策は優先すべきとの判断で、指摘した3ヶ所の交差点の道路表示「止まれ」を改修。
④水道事業所南交差点

⑤更に南の交差点

⑥同上

⑦清原北小学校の北交差点

2018年12月1日  上小倉町・旧玉生街道の安全対策完了

12月1日、宇都宮市上小倉町の旧玉生街道に、安全対策として「反射ポール」の設置完了。

沿線の皆様から、大型トラックの往来が多い県道なので、交差する際のはみ出しが危険との声を頂き調査。

道幅が狭い旧県道では、大型トラックの交差は困難。しかし、はみ出しは、路肩が土手のためさらに危険。
そこで、昼夜ドライバーが路肩の目印になるよう、反射板付き安全ポールを設置。

住民の皆様から、喜びの声をいただいています。
①対策前

②車両が土手にはみ出し危険

③対策後

④反射板付き安全ポール 3基設置

⑤南進車両のはみ出し防止

2018年12月1日  中里原町交差点の安全対策完了

12月1日、宇都宮市中里原町内の消防学校からの交差点、地元自治会から安全対策を要望され「交差点あり注意」及び「停止指導線」の敷設が完了。

対策前は、道路表示は無く、出会い頭の交通事故が多発。地域外からのドライバーが多く、地域住民が巻き込まれるケースが多かった。

①地元自治会長と現場を調査。

②見通しが悪い交差点

対策後、交差点中心部に「交差点あり注意」の道路表示と、南進・北進側に「停止指導線」を敷設。
消防学校からの通りを優先道路とした。

③交差点表示と停止指導線(南進方向)

④交差点表示と停止指導線(北進方向)

⑤東西の優先道路からも交差点表示を認識

自治会長はじめ自治会の皆様には、大変喜んでいただいています!!

2018年11月19日  県道・今泉小学校東通り歩道補修完了

11月19日、元今泉4-19の歩道補修整備が完了しました。

ビフォー:インターロックがガタつき

アフター:インターロック整備完了

アフター:ブロック固定完了

2018年11月14日  中禅寺湖畔の安全対策調査

11月14日、中禅寺湖畔の事業者から、台風・大雨時の被害状況等についてヒヤリングし、現地調査を実施。

1.中禅寺湖畔の災害時の状況
1)ヒヤリング
①大雨・台風被害について
・水位の上昇
・波風
・桟橋の倒壊、ボート流出、湖畔侵食等
②大雨・台風対応について
・中禅寺ダムの調整で対応
~十分でない!
・正確な気象情報を基に、事前対応が可能なはず!
・華厳の滝への放流について、通常水量と緊急時の差を縮められないか!
2)被害状況確認
①桟橋の破損状況
②ボート流出・破損〜エンジンの流出等、被害大

2.中禅寺ダムについて、今後の調査ポイント
①中禅寺湖の水位基準の確認
②放流調整のマニュアルと災害時の対応
③水位基準の見直しの可能性

以上、県砂防水資源課と協議し、対応を検討します。

事業者からヒヤリング

ボート繋留

桟橋の状況

中禅寺ダム