2018年  2017年  2016年  2015年  2014年  2013年
2012年  2011年  2010年

2019年3月4日  大曽4丁目貸家廃墟の問題調査

3月4日、大曽4丁目にある貸家廃墟が問題との声に、地域住民と現地調査を実施。

[現状]
空き家になった貸家は10棟。
以下の写真の通り、貸家は荒れ果て、板塀は倒壊。放火や犯罪の温床になるのではと、近隣住民から懸念の声。
住民らは、宇都宮市に対し危険空き家対策を要請しているが、長年放置されている。
建物は傷みが激しく、いつ倒壊してもおかしくない状態。
[対策]
①所有者を特定し、管理(撤去)指導
②危険排除
~行政代執行(撤去)後、所有者に費用請求

※宇都宮市及び県建築課、住宅課と協議し、対策を検討します。







2019年3月1日  上三川町・本郷中学校・小学校通学路の安全調査

3月1日、上三川町立本郷中学校及び本郷小学校の通学路が危険との指摘を受け、地元の方々と現地調査。

[現状]
通学路が狭く、朝夕の通学時間帯の交通が危険。
①舗装面が狭く、車両がすれ違えない
②側溝がなく道路法面が崩れ転落の危険
〜雨天時は、滑って危険‼️
③路肩が崩れているため、路肩に寄った車両の転倒や歩行中の児童や高齢者の事故が危惧される
※何年も前から上三川町に申請しているが、全く改善されないまま放置されている。
→町の予算が付かないとのこと。

[対策案]
側溝整備をベースに、通学路の幅員拡張が不可欠‼️

県道路保全課と上三川町の対応について協議し、取るべき対応を検討します。
上三川町に対しては、子どもたちの安全のため、道路保全計画や予算措置等、何らかの対応を求めたい。

狭い通学路

軽自動車でもすれ違えない

塀をセットバックさせ通行に協力

崩れた路肩

更に狭い通学路

2019年3月1日  平出産業道路カインズホーム交差点に信号機設置完了

3月1日、平出工業団地・カインズホームに向かう交差点に待望の信号機設置が完了しました。

[経緯]
2017年9月12日、平出工業団地の産業道路カインズホーム交差点は交通量が多く、交差点での交通事故が頻発する危険箇所で、地元住民や自治会から現地調査を要望され実施。
[現状]
通勤時間帯は、工業団地に向かう車両等の交通量が多く、特にカインズホームに抜ける交差点は交差通行が困難。
交差点内での交通事故が多発。
[対策案]
信号機の設置が不可欠‼️
[対応]
県警察と現状を協議し、現地での詳細調査を実施。
→県警察からは『時間はかかるが、前向きに進めたい』との回答を得た。

※2019年3月1日、平出工業団地内・産業道路カインズホーム交差点に待望の信号機が設置されました!!

朝夕は交通量が多く危険な産業道路

交差通行困難なカインズホームに抜ける交差点

信号機設置で安全通行が可能に

信号機設置で安全対策が進んだ

2019年2月27日  横川中学校南門他の整備完了

2月27日、我が母校、横川中学校の南門他の整備が完了しました。

横川中学校は、インターパークや平松本町などの子育て世帯増加地域を抱え、生徒の増加が著しい。
生徒増加に伴い、教室の増設や中学校敷地内の設備整備が必要だった。
特に、生徒の安全避難のため、一箇所(正門)しかなかった出入口(門)の増設を校長から要望されていた。
この度、敷地南側に南門を設置され、避難経路の確保ができ生徒の安全対策が進んだ。
また、増加する生徒の対応として、駐輪場増設もできた。
さらに、サッカー場フェンスや、危険ブロック塀撤去・フェンス設置の工事にも着手した。

これからも、地域課題の解決に全力を尽くして参ります。

駐輪場

サッカー場フェンス

横川中学校南門

危険ブロック塀の改修

2019年2月26日  清原東小学校通学路の安全調査

2月26日、清原東小学校通学路の安全調査を実施。
[ヒヤリング]
宇都宮市氷室町1538前の市道は、清原東小学校の通学路だが、側溝がないため、雨天時には窪みに雨水が集中して水溜りができ、児童の歩行に支障がでる。
汚水処理は合併浄化槽だが、浄化水を流す先がなく、浸透枡に流しているが困っている。

[現状]
①市道に雨水側溝がない
②舗装がかなり傷んでいる
③浄化水は浸透枡に流している
※通学路なので、舗装整備や雨水排水対策が必要!
[対策案]
道路改修に合わせ、雨水側溝整備や通学児童のための歩道スペースを確保する!

宇都宮市道路保全課と対策を協議します。

清原東小学校に向かう市道

舗装も傷んでいる

側溝がなく大きな水溜りができる

道路の縁が傷み、通学時に支障