【 2012年9月 政務活動報告 】
2012年9月30日  障がい者スポーツ大会

9月30日、全県からアスリート達が集い『とちぎ県障がい者スポーツ大会』が開催された。

台風の影響が心配されたが、天候に恵まれ爽やかな開幕となった。

開会式は、グラウンド一杯の選手団で埋め尽くされ、選手からパワーをもらいました。

開会式には、本県出身のロンドンパラリンピックの金田典子選手(シッティングバレーボール)、増渕倫巳選手(車椅子バスケットボール)も参加。出場者にエールを送った。



2012年9月27日  今泉交差点現地調査

9月27日、今泉小学校西の交差点で、事故多発。地元金沢市議と現地調査。

信号のある交差点だが、交差点内の衝突事故が絶えない。
現地調査の結果、信号システムに問題はなく、宇都宮駅側から東に向かうドライバーが先の信号と混同し勘違いが生じているのではないか・・・との結論。

従って、東西方向のドライバーに“注意喚起”が必要と思われ、『減速』『交差点注意』『追突注意』等の対策が必要と判断。

早速、県警に道路標識など対策を検討するよう要望。





2012年9月22日  ロマンチック村道の駅オープン

9月22日、宇都宮のロマンチック村道の駅のオープン式典に出席。

毎年100万人の来場者を迎える『ロマンチック村』。
農業総合公園として、36万ヘクタール(東京ドーム10個分)の広大な敷地に、農園、植物園、直売所、地元食材レストラン、遊具公園、温泉、宿泊施設等、一日居ても飽きない充実施設。

道の駅がオープンした事で、ロマンチック村も集客力アップ。

宇都宮の集客力を、更に強化出来し、街の活気に繋がる事を期待。

    
    
    

2012年9月20日  知事へ要望書提出

9月20日、『ひきこもり地域支援センター設置要望書』を知事に提出。

これは、特定非営利活動法人KHJとちぎベリー会の齋藤理事長が、20年以上取り組んで来られた“ひきこもり支援”を通し、ひきこもりの多様性や家族内で悩みを抱え込んでしまうと言う現状から、公の施設としてワンストップ対応が出来る『ひきこもり地域支援センター』設置を要望したもの。

同行の7名からは、自身の体験や県への要望を、直接知事に伝える事ができ、一歩前進したとの感想。

知事は、ひきこもりの現実を聞かれ、県はワーキンググループを立ち上げ、先進自治体の内容も確認しながら、検討を進めたいとした。

9月25日13:15~本会議で、これに関連する質問を予定しています。



2012年9月15日  横川中央小学校秋季大運動会

9月15日、横川中央小学校の秋季大運動会に参加。

青空の下、元気な児童からパワーを頂きました。

横川中央小学校は、インターパークの開発で、児童数が増加し、教室の確保に苦慮。
子どもたちに、良い教育環境を整備してあげたいとの、校長先生の声も・・・

行政の出来る最大限の対応を、未来を担う子どもたちの為に成さねばならないと、強く感じた一日でした。