【 2012年1月 政務活動報告 】
2012年1月22日  上三川町内の現地調査

1月22日、上三川町上蒲生の県道・二宮宇都宮線の接続道路不具合箇所、現地視察調査。
生活用道路との接続が、縁石の幅が狭く、左折の際に縁石に乗り上げるなど危険。縁石の拡幅など、安全対策を検討。



2012年1月21日  公明党新春政経文化懇話会

1月21日、宇都宮市内で、公明党の支持者、支援団体、各自治体の首長が一同に会し、本年の出発となる公明党新春政経文化懇話会が盛大に開催。

席上、山口那津夫公明党代表は、栃木県が東日本大震災の『忘れられたら被災地』と言われ、観光客が激減し、農畜産物への被害が甚大な事態に懸念を表明。
その上で、公明党が推進してきた復興庁や復興特区制度、復興予算を「最大限生かしてスピーディーに復興を進めていく。これからの課題についても、公明党は積極的に合意を作り出す役割を果たして行きたい」と主張。
一方、山口代表は郵政改革について、民営化の趣旨に沿って見直す必要性を指摘。同時に、ユニバーサルサービスの確保で「いくつかの問題点が浮かび上がってきた。現状を踏まえた見直しが重要」との考えを示した。さらに、「郵政の長年蓄えたネットワークの力は、国民の財産。これ以上傷つけないように国民の為に生かしていく」と強調。

1月24日から始まる国会の焦点として、
①税と社会保障一体改革
「民主党の目玉政策だったはずだが、肝心の年金制度改革などの具体案が示されていない」と批判。社会保障の全体像を示さないまま増税の話は、筋が通らないと主張。
②議員定数削減の問題
「議員の定数削減は進めるべきだが、一票の格差是正が目的であるから『選挙制度』の抜本的改革が必要」との立場。
さらに、定数が減っても、残った議員が今までの処遇と変わらなければ意味がないことから。「国会公務員の給与削減、国会議員の歳費削減を優先させた上で、選挙制度に手を付けるべきだ」との認識を示した。


2012年1月16日  西原の道路整備が完了

以前に、西原町の住人の皆さんから、要望されていた道路の整備が完了しました。

地域の方に、雑草などの美化にご苦労をかけて来ましたが、砂利と防草シート施工で対応。
近隣の負担軽減になりました。


2012年1月16日  さくら市の現地調査

1月16日、さくら市内の都市計画区域を視察調査。
さくら市市役所企画政策課の担当官より、説明聴取。
国道293号線沿線の整備調整ゾーン見直しの件、背景と理由、今後の対応、土地利用の際の留意点など、詳細に聞き取り。
パブリックコメント対応についても、市民への説明や理解を求める対応を丁寧に進めるよう要望。



2012年1月15日  上三川町内の河川氾濫現地調査

1月15日、上三川町内、田川河川の支流氾濫箇所を現地調査。
近隣住民の皆さんから、台風以外の時でも、比較的大雨になると洪水となる。行政対応を望む、との声。
支流が溢れた時、本流(田川)に放流する水門が小さく、飲みきれず氾濫する状況を確認。
近隣では平時より、土嚢を積んで対策しているが、抜本的対策が必要と判断。
県行政と協議し、水門の改修等、対策を検討したい。