2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年
2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

2013年10月12日  鹿沼市内現地調査②

10月12日、鹿沼市内三カ所目の調査。

3.さつきが丘歩道橋の補修整備
歩道橋の構造材の腐食、路盤材の劣化が目立つ。
特に、路盤の痛みは、つまづきを引き起こし危険。
早期対応の必要性あり。
4.駅東ニュータウン周辺の安全対策
国道293との接続がある住宅地で、子育て世代のニュータウン。

閑静な住宅地であるが、渋滞の抜け道に使われ交通量が多い。
『スクールゾーン』になっているが、朝の7時~8時半までで、通学時間帯外での事故(自転車・車両)が多発。
カーブミラー等の対策は、効果が無いのが現状。

考えられる対策は、①速度30キロメートル規制、②国道からの進入を規制(進入禁止)し、住宅地内道路を『一方通行』にする。

住民の協力が必要となるが、有効な対策。

また、高校生の自転車運転マナー違反を指摘する声も・・・

鹿沼駅から住宅地を抜け国道に出る交差点を、ノーブレーキで走り去る暴走自転車。
小中学生の通学路でもあるため、県立高校での運転マナー教育を徹底してもらいたい。

    

    

    

    

    

コメントは受け付けていません。