2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年
2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

2013年7月1日  県土整備委員会県内調査

7月1日、県土整備委員会の県内調査で、矢板土木管内(矢板市、塩谷町、さくら市、高根沢町)の整備要望を聴取し現地調査。

①矢板市:矢板那須線1260mの道路整備
~泉小学校・泉中学校の学区で、歩道が無く危険。

②さくら市:大田原氏家線、桜野地内2000mの道路整備
~R293の混雑解消と、氏家アンダー冠水危険ポイント迂回の為、円滑な交通を確保。

③塩谷町:宇都宮船生高徳線、観音橋1800mの橋梁架け替え及び道路整備
~観音橋は、幅4mで相互交通が出来ない。退避所で対応のため、交通渋滞を起こしている。

④高根沢町:宇都宮高根沢バイパス(R408)1900mの道路整備
~R408バイパスは、県の『スカイコリドール』計画(空の道)。優先区画600mは、3年内に開通見込み。

県内には、防災減災の為のインフラ整備箇所が多く存在。

道路・橋等の耐震補強や長寿命化工事は、これから本格的に開始される。

    

    

    

    

コメントは受け付けていません。