2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年
2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

2013年11月16日  鹿沼市現地調査

11月16日、鹿沼市内の通学路危険区域2カ所を現地調査。

1.県道121号線晃望台交差点、シダックス西の押しボタン式信号の交差点
 通学時間帯は、鹿沼駅西通り晃望台交差点の通勤ラッシュを避けようと、この押しボタン信号の交差点に集中。
  7時−9時の交通規制はあるが、県道121号線に出る車と歩道を走る中学生の自転車の接触の危険が・・・

 現地調査により、4つの課題が浮上。課題解決のため、以下の対策を交通行政と協議。

 対策① 停止線及び道路表示『止まれ』を改修
 対策② 交差点手前の道路標識の見直し
 対策③ カープミラー死角対策
 対策④ 交差点付近の歩道カラーリング

2.鹿沼環状線新上殿橋東交差点
 鹿沼環状線には、自転車専用レーンがあるが、進行方向に歩行者用信号機がない。
 現状、交差点は全て右折信号が付いていて、環状線を横断する方向のみ『歩行者用信号機』が設置されている。
 歩行者、自転車の安全確保の為にも、右折信号が点灯する前に歩行者・自転車を停止させる対策が不可欠。

 対策) 歩行者用信号機の設置

県警と検討したい。

    

    

    

コメントは受け付けていません。