2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年
2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

2016年8月27日  廃屋対策の現地調査

8月27日、日光市清滝の住民の皆様から要望され、廃屋被害の現状を調査。

場所:日光市清滝3丁目 国道119号バイパス沿線
土地:清滝3丁目は、河川敷で栃木県から借地をしている

[現状]
廃屋は、鉄工所だった「山健製作所」で、約13年前に操業停止し建屋は手付かずの状態。
建屋は、工場部分とプレハブの住居で、鉄骨構造体は腐食し崩れ大変危険。
屋根は崩落し、外壁も崩れており、近隣の住居に多大な被害。
大雨や降雪、大風の折は、隣地に様々な迷惑をかけている。

[ヒヤリング]
隣地の住民の皆様からは、早く撤去して欲しい。
大風時は、トタン屋根や外壁が剥がれ落ち危険。
大雨時は、廃屋の屋根から滝の様に玄関先に落ちてくる。
降雪時は、凍りついた雪が落ち物置を直撃。事故と隣り合わせで生活している。
国道119号バイパスは、いろは坂に通じる観光ルート。廃屋は景観上見映えが悪く、観光資源にマイナス。
廃屋の所有者は、借地料を県に支払っていない、と言う。

[対応策]
これ以上放置することが出来ない状態で、以下の対応を迅速に取る必要がある。
①所有者の特定
②廃屋の撤去命令
③行政執行及び費用の請求

以上、関係部局担当責任者に、対策を依頼します。

コメントは受け付けていません。